本の話 続き

あれから読んだ本など....

f0305995_23304945.jpg


おすすめいただいた「シアター!」面白かったです♪
小さい劇団の公演って、本当に芝居が好きな人が集まってやっているので熱いし、面白いんですよね。
昔、すごくよく観に行っていました。
「S.E.T.(スーパーエキセントリックシアター)」がメジャーになる前、毎回観に行ってました。
場所はよく覚えていないのですが、狭い会場でいつもぎゅうぎゅうで観ていたのをよく覚えています。
とにかく面白くて、毎回本当に笑わせてもらいました。
楽しんでもらいたい気持ちがストレートに伝わってきて大好きでした。
その後あれよあれよと言う間に三宅さんがTVに出るようになってどんどんメジャーになっていきましたね。

あと「テアトルエコー」もよく行きました。
今もやっているのでしょうか...。
あの頃がんばっていた方々はもう重鎮ですね。

そういえば野沢那智さんの「劇団薔薇座」も行きました〜。

でも、役者だけで食べて行くのは本当に大変なんでしょうね〜。みんな売れてほしい!

by memetokee | 2014-01-12 23:45 | その他 | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://memetokee.exblog.jp/tb/21264459
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みど at 2014-01-13 07:46 x
おはようございます。
シアター!面白いですよね。
私が読んだ時期は、観劇欲が膨れあがっていたころでした…舞台作りの大変さを知って満足(笑)
ラブコメ今昔は、また読み返したい一冊。
キュン♡ってなりますから^^;
Commented by こんこねこ at 2014-01-13 21:35 x
先日、面白い本を見つけました。「おこまの大冒険 朧月猫の草紙」という題名で、作者は山東京山、山東京伝の弟で、絵は歌川国芳が描き、金子信久の訳と説明です。飼い猫のおこまが恋しいトラさんと駆け落ちし、いろいろな歌舞伎の名場面を繰り広げる物語です。ちょっと悲しいラストですが、何と言っても国芳の挿絵が楽しいです。猫の姿のままで描かれる時と、顔は猫で姿は振袖の娘猫だったりします。猫の好きな方はぜひご一読を!
他に高殿円の「トッカン」シリーズや「上流階級 富久丸百貨店外商部」が面白かったです。
Commented by memetokee at 2014-01-13 22:57
みどさん、シアターやはり読まれたんですね。
舞台好きな私たちには裏を知る事ができて面白いですよね。
私もなるほど〜という事がいっぱいありました。
有川浩さんの作品はどれも面白い!すごいなぁ〜。
Commented by memetokee at 2014-01-13 23:01
こんこねこさん、本のご紹介ありがとうございます。
面白そう〜♪
こんこねこさんは本当に本を読まれていますね。
そろそろ床がぬけないですか?^^;
私もちょっとでも時間をみつけていっぱい読みたいです!!
またいろいろ教えてくださいね。