お外ニャンズ

玄関脇にあるこの蹲(つくばい)でお外の猫さんたちは喉をうるおしている模様。
つくばいって字が難しすぎてあっているのか間違っているのか.....
しゃべっていてもそういえばどんな字だっけ?という感じでした。

f0305995_110841.jpg


ちなみに後ろの灯籠は大震災の時にお屋根の部分が落ちてしまいました....。

これはふうすけ、ふうちゃんとも呼んでいます。
f0305995_1124979.jpg


何故ならよく他の猫とにらみあってフーフー威嚇するからです。

お耳は何故か両耳三角ですね。
これってめずらしくないですか?
普通はかたっぽですよね。何か意味があるのでしょうか.....。


こちらは雪降る前のブラックん。
声をかけたらいきなりゴロンとお腹を出してしまいました。

びっくり!!

f0305995_1155939.jpg


f0305995_1162286.jpg


f0305995_1165035.jpg


本当にひとなつっこい。
普段はどこで暮らしているのかしら?

のぞいてみたいです。

by memetokee | 2014-02-19 01:21 | 猫さん | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://memetokee.exblog.jp/tb/21446861
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by かりぷそ at 2014-02-19 08:29 x
おそとニャンズいいですね〜かわいい!
たくさんいるんですか??
いやいやそれよりツクバイと灯籠があるお庭がステキです♡
Commented by こんこねこ at 2014-02-19 15:13 x
お外ニャンズ、雪が降り積もった時にはどこに避難していたんでしょうね。きっと軒下やガレージの隅っこを提供してくれる優しい人たちがいたのでしょうね。
宮部みゆきはいろいろなジャンルを書いているので、好きなジャンルから入るのが一番です。私は時代小説の「本所深川ふしぎ草紙」から入りました。犬が好きな人は創元推理文庫の元警察犬マサが活躍する「パーフェクトブルー」「心とろかすような」がお薦めです。
ファンタジーだったらまず「ブレイブ・ストリーリー」です。でもファンタジーと言っても内容は重いです。
どの本もずっしりとブ厚くて手に取ると思わず怯んでしまうので、まずは短編から読み始めると良いと思います。「我らが隣人の犯罪」「返事はいらない」などからどうでしょうか。怖いのがお好みならば「あやし」「ばんば憑き」なども良いです。
とにかくどれを読んでも面白いのでぜひ読んでみてくださいね。
ところで弟ではなく兄なんです。兄が「ラブコメ今昔」を読むというのはなんとなく衝撃でした…。最近、どこでも弟と間違われるのは、やはり愚兄賢妹で、私がしっかりしているように見えるからでしょうかね?
Commented by memetokee at 2014-02-19 23:28
かりぷそさん、お外にゃんず結構いるみたいなんですが、しばらく来ない事もあり、私が見た事ないが、メメママさんが見た事あるとか、いろいろで正確なにゃん数はわからないのです。
確認できているのは、ブラックん、ふうすけ、クロチャン、緑ちゃん、白黒ちゃん、あとたぬきみたいに尻尾の太いにゃん、ぶうたれちゃん、かな....。
またレポしますね♪
Commented by memetokee at 2014-02-19 23:38
こんこねこさん、私も、雪の時とかお外にゃんずどこにいるのかすご〜く気になります〜。
縁の下にいる子もいるみたいなんですが、他の子は?
冬は寒いだろうなぁ。。。

宮部みゆきさんの件ありがとうございます。
確かにどれもこれもブ厚いんですよね。以前手に取ってまた戻してしまった事が.....^^;
短編もあるんですね。楽しみです。「英雄の書」も気になっていますが怖そうで....。

こんこねこさんのご兄弟はお兄さんだったのですね。ぷぷっ、私も兄がラブコメ今昔読んでたらちょっとひきます。
愚兄賢妹はいずこも同じ??へへっ。