2017年 05月 18日 ( 1 )

舞台♪

『響和祭』が終わってそれっ!!とばかりに夢の世界へ…
月組「瑠璃色の刻」の次の日は日生劇場で「グレート・ギヤツビー」
こんなに幸せな2日間でいいのでしょうか?(いいんです110.png


f0305995_11230322.jpg
「瑠璃色の刻」はフランス革命の頃、不老不死と言われたサン・ジェルマン伯爵になりすました男の話。
舞台は美しく、ミステリアス、宮廷のドレスは華やか。
革命をからめて話は進みます。
みやちゃんの美しい事。
月城さんのかっこいい事。
アントワネット役の(誰だっけ?)歌がうまい事。しかも心情溢れ出る演技に泣かされました。
描き方が良かったと思いました。
最後のダンスは良知真次さんの振り付けとの事。
めちゃくちゃかっこ良かったです113.png

そして「グレート・ギヤツビー」
f0305995_11320795.jpg
その昔、確かロバート・レッドフォードの時代に話題だった映画でしたよね。
観た事はないのですが、あらすじを少々….位な感じでした。
とっても切ないお話だったんですね145.png
芳雄くんも万里生くんも歌がうまい!!
聴かせられ、魅了されました。
最近宝塚ばかり観ていたので舞台で男性達が踊っているのが不思議….
男性のダンスはやっぱり宝塚の男役さんの方がきれっきれで若くてかっこいいですね^^;
歌やコーラスはもちろんこちらがいいですが….
ナンバーは難しいものばかりでしたが流石です。
デイジーや旦那のトムにムカついて胸に何かがつかえたような結末でした。
トム役の広瀬さんは「1789」でフェルゼンやってましたよね。
あの素敵さもヒゲと表情でこんなにいやな人に見えるんだなぁ〜とびっくりしました。
万里生君役のニック・キャラウェイはすごく万里生くんに合っている、イメージに近かったように思います。
ただ、どの役もぴったりでした。

舞台から時代背景や関連書物に興味がわくのも楽しさのひとつ。
「瑠璃色の刻」に登場した舞台セット シャンポール城はなかなかの迫力。トカゲ(トカゲの形をした火の精霊サマランダーなんですって)のモチーフもね。
実際のシャンポール城はフランス、ロワール地方とか。
レオナルド・ダ・ヴィンチが設計に関わったという事です。行ってみた〜い!!

次に観る「スカーレット・ピンパーネル」のために「紅はこべ」も読んでおこうかな?




by memetokee | 2017-05-18 11:56 | ミュージカル | Trackback | Comments(4)