「はいからさん…♪」

先月の末になりますが、日本青年館に花組公演『はいからさんが通る』をすきっぷさんと観に行きました。
楽しかった〜♡
ビジュアルがすごかったんですよ。
原作そのまま!!
f0305995_17510186.jpg
原作ものってイメージが壊されないかすごくドキドキするのですがバッチリでした。
忍さんの柚香光さんの格好良さ、はいからさんの華優希さんのかわいらしさ、青江冬星の鳳月杏さんなんてまさにそのもの。

f0305995_17575777.jpg
考えてみたら麗しい人たち&ギャグっぽいところなんか宝塚にぴったりですね。
ミュージカル浪漫と書いてありました。
昔、大好きで良く読みました(^^)

牢名主さんはいったい誰が?!
と思ったら残念ながら出てきませんでした^^;
休憩入れて2時間半では流れは大きくなりますよね。

でも十分満足でした。
大和和紀先生がご観劇されていて紹介されて立ち上がりご挨拶していらっしゃいましたがものすごく感動してしまいました。
「週間少女フレンド」に連載されたのは1975年だったとの事。
そんなに前だったんだ〜〜。

花組さんは年明けはなんと!『ポーの一族』です。
すごく楽しみな反面すごく心配です。
萩尾望都先生のあの世界観をどう表現してくれるのでしょうか….

こうなったらぜひ、『日出処の天子』もやってください!!




by memetokee | 2017-11-12 18:13 | ミュージカル | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : https://memetokee.exblog.jp/tb/28558183
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by こんこねこ at 2017-11-12 21:49 x
「日出処の天子」?
止めてください‼‼
成人指定になりますよ‼
そもそも誰が馬子の役をするんですか⁉
厩戸皇子の怨みを買うと石が降ってくるんですよ~❢
Commented by memetokee at 2017-11-12 23:54
こんこねこさん、『日出処の天子』観たくないですか?
絶対合うと思いますよ。
それに宝塚には馬子がぴったりな方もいらっしゃるんですよ〜〜(^^)
みなさん芸達者だし。
ただ曲だけ心配です。誰が作曲するのかな?
やっぱり観たい!
石降りますね〜〜(^o^) わくわく♪